免許

気が抜けない

交通事故を起こすと法的責任を問われます。

法的責任は、刑事責任と民事責任、行政上の責任があります。刑事責任は犯罪を犯したので刑罰を科せられます。
罪状に応じて罰金や懲役などが科されます。民事責任は被害者に対して損害賠償を行うことです。
行政上の責任は交通行政に関して不利益を受けることになります。

刑罰では無いですが、行政処分を受けることになります。交通事故による行政処分は、
反則金の支払いや運転免許の停止や取り消しがあります。

思わぬところに

交通違反に応じて点数が加算されて、やがて免許取り消しになるわけですが、死亡事故などはほとんど免許取り消しになります。

交通事故に遭った被害者側ですが、ケガや損害の心配は当然ですが加害者との示談交渉をしなくてはなりません。
車同士で互いに過失があれば保険会社が示談をしますが、
相手が100%の過失であれば本人、または家族と相手の保険会社との交渉となります。

ですから弁護士に依頼して一任するのも手です。
弁護士にかかる費用は弁護士報酬と実費となりますが、やはりケースバイケースです。

どのぐらいの点数が引かれるかについても、人身事故か物損事故なのか、
またどのようにして事故が起きたのかにもより変わってきます。

もちろん、物損事故でもそのまま逃走などした場合は
運転免許を停止される場合もあります。

逃げた時点で罪が増えるだけですので、早急に適切な処置を取ることが
結局は最善の策なのです。

とりあえず無料で弁護士と相談してもらえる相談窓口を利用してもよいでしょう。

ページのトップへ戻る