ヘルニア

交通事故には誰もが遭いたくないと思っているものですが、
いつどこで巻き込まれても、あるいは巻き込んでしまっても
おかしくないのが素人のライセンスの怖さでもあります。

すぐにはわからない

万が一事故に遭ってしまった場合は、どれだけ軽傷で済んだとしても
急ぎの用事があったとしても、まず真っ先に病院へ行ってください。

交通事故にあった場合には一般的には保険会社が仲介をして補償金額などが決められるのですが、
後遺症の場合は数カ月後に症状が出る場合があるので、交通事故のせいで
ヘルニアなどの後遺症が起きたことを証明することは難しくなります。

その場合には交通事故に詳しい弁護士に相談をすることで、ヘルニアの
治療にかかる費用を保険会社に負担してもらえる可能性が高くなります。

ヘルニアは腰の神経を刺激する病気なので、後遺症によって股関節に
激しい痛みを感じることがあり、そのために排尿痛などの症状も引き起こします。

隣り合わせ

事故が起きた時には腰の部分のヘルニアでも症状が進行することで股関節などにも痛みが発生するので、
これらを後遺症であると証明するためには弁護士による専門的な指導が必要となります。

また相手方の弁護士と対等に交渉することができるので、交通事故の交渉は
自分で行わずに弁護士に依頼することで、正当な慰謝料や治療費用を受け取ることができます。

ページのトップへ戻る