民事上の責任

 昭和の頃と違い、現在、交通事故の加害者のほとんどは不起訴になります。
これは、交通事故の加害者は、よほど悪質な場合を除いて起訴しないという
大きな流れがあるためですが、加害者の中には不起訴をもってして無実と自己解釈し、
被害者に謝罪も賠償もしようとしない例が多いです。

交通事故の被害者は、何の知識もないのが普通ですから、不起訴だから
賠償責任がないと加害者が突っぱねると、そうかもしれないと考えることもあるようです。

暗くて良く見えない

しかしこれは大きな誤りです。被害者に自覚がなければ、賠償を受けることもできません。
まずは被害者自らが、弁護士に、加害者の民事上の責任を説明してもらいましょう。

法的責任を明確に理解できれば、賠償請求もしやすくなります。
  交通事故の被害者は、加害者の自賠責保険を使って治療をします。

加害者が任意保険に加入していた場合、任意保険会社の担当者が、自賠責保険から出る
給付金を使って医療機関への支払いをします。

それぞれの役割

任意保険会社は、加害者が不起訴になっても賠償責任があることはわかっていますから、
自社負担額をゼロにすべく、さまざまな対策をします。

自賠責保険の限度額である120万円を超えた部分は、加害者に代わって
任意保険会社が賠償する義務を負っているからです。

そのため、被害者に症状固定を迫ったり、治療費支払いの打ち切りを通知してきたりします。
被害者は右も左もわからないため、的確な対応ができません。

被害者はなるべく弁護士にすべてを任せることです。
弁護士から受任通知が出されれば、窓口は弁護士となります。

 

 

ページのトップへ戻る