損害賠償

 交通事故の妥当な額の損害賠償金は、何もしないでいても自動的に入ってくるわけではありません。
自賠責保険から出る最低限度の賠償金なら、自動的に入ってきます。

よそ見をしない

しかし、それは、被害者がなんの補償も受けられないという事態を防ぐための
セフティーネットとしての意味合いがある金額であるため、妥当な額というわけでもありません。

特に被害者が重傷であったり、加害者が慰謝料増額事由に該当するような行動をとった場合は
自賠責保険からの賠償額では不十分です。

妥当な賠償額を請求するためには、そしてその額を支払わせるには、交通事故専門の弁護士が必要です。

安全運転

  交通事故は非常に専門性が高い分野で、交通事故裁判は、専門家同士の交渉の場となります。
皆、幾多の判例や最新の傾向に熟知していて、裁判をしなくても結果がわかるほどです。

そのため、交通事故専門の弁護士に依頼すると、裁判をせずに、妥当な損害賠償額で示談できることが多いです。

加害者側の弁護士が任意保険会社の顧問弁護士である場合、裁判をしたら
裁判費用の支払い命令まで出ることが予測できるため、それを避けようとして
妥当な示談に応じようとするからです。

妥当な示談に応じなければ、被害者側の弁護士は、裁判に持ち込もうとします。
専門の弁護士ですから、主張内容も裁判で認められるようなものです。

見通しがあるからこそ、見通せるからこそ可能な強気の姿勢ということです。
示談成立までの時間も、短いことが多いです。

 

ページのトップへ戻る