重要性

 交通事故の被害者は、事故直後から弁護士に相談するのが理想です。
弁護士と言ってもそれぞれに専門分野があり、専門以外のことにはそれほど詳しくないので
必ず交通事故専門の法律事務所に頼るようにしましょう。

交通事故は非常に専門性が高い分野であるため、普段他のことを扱っている事務所が
急に対応できるものではないからです。

理想として

弁護士は常にいくつもの案件をかかえています。詳しくない分野の知識を深めると言っても、
そのような時間的余裕はないものです。あったとしても、相手側の弁護士はその間にもっと知識を深めます。

  加害者が任意保険に入っていると、被害者の交渉相手は任意保険会社となります。
被害者が個人で交渉していると、任意保険会社の担当者が交渉相手となります。

しかし、被害者に弁護士がくと、担当者は会社の顧問弁護士に任せます。
顧問は、当然ながら交通事故交渉のプロ中のプロです。

それだけをやっている弁護士と対等に渡り合える弁護士が、被害者には必要です。
被害者側の代理人もプロ中もプロなら、顧問は妥当な示談に応じるしかないと判断し、
交渉はスムーズに進むことが多いです。

裁判に至れば、どういう結果になるかわかるからです。
任意保険会社の顧問は、会社側の支出を減らすのが仕事です。

気を張る

裁判費用の支払い命令まで出るのを避けるため、裁判に持ち込むことはせず、
被害者側の妥当な主張を受け入れ、早めに示談するものです。

専門家を頼む重要性はここにあります。

ページのトップへ戻る