リスク

交通事故の被害に遭った場合、誰もが落ち着いて対応することが
困難になります。

事故当時は問題なく解決しそうに思えても、あとあと冷静になって考えると
問題が浮き彫りになってきて、トラブルに発展するということも
実によくある話なのです。

そのため、そういったトラブルを避けるためにも
出来る限り早めに弁護士に依頼することをお薦めします。

トラブルを回避するために

もし弁護士に相談せずに、その後の手続きを行うと適切な補償を受けられないリスクがあります。
加害者側の加入している保険会社から示談金の提示が行われますが、その後自ら交渉を行って示談金を増額することは困難です。
相手は交通事故の交渉のプロですので、こちらの思惑通りに交渉を進めて行くことは難しいです。

もし弁護士に依頼すれば、高い確率で示談金を増額することが可能です。
示談交渉の他にも弁護士にサポートしてもらう場面はたくさんあります。

交通事故による怪我の治療の為の医療費を、早期に打ち切られない為に交渉してもらうことも出来ますし、
適正な後遺障害等級を認定してもらうためにサポートが必要になる場合もあります。

交通事故を恐れる

交通事故による心身の負担は非常に大きいです。
損害賠償金などは負担を少なからず軽減してくれますので、きちんとした補償を
受けられないリスクは出来る限り小さくする必要があります。

弁護士に依頼する分費用はかかりますが、それ以上に精神的な負担を
抑える上では重要な存在となるのです。

ページのトップへ戻る