無保険

交通事故の被害に遭った場合に加害者が無保険のケースがあります。

相手が任意保険に加入していれば妥当な賠償金を支払ってもらえますが、
保険に加入していなければすんなりと賠償金を支払ってもらうことは出来ません。

保険に入っておく

その為様々な手段を講じる必要がありますので、弁護士に相談することをお薦めします。
まず自賠責には必ず加入していますので、そこから賠償金を受けることになりますが、
限度額がありますので必ずしも満足できる金額をもらえるとは限りません。

この場合、限度額以上のやりとりは当人同士で行う必要があります。
そうなるとどうしてもトラブルに発展しやすくなるため、弁護士に依頼することが
必要となるのです。

注意を怠らない

場合によっては裁判に発展する可能性もありますが、
相手が全く支払い能力がない場合、請求することができません。
そうなると、費用も労力も無駄になってしまいます。

また、交通事故の被害者本人が加入していなくても、家族が加入していれば支払いを受けられるケースもあります。
また交通事故を起こした加害者本人に賠償金を支払えるだけの資力がなかったとしても、
親や車の所有者などに対して法的に責任を追及出来ないか調査していく必要があります。

あるいは、自分の加入している任意保険で補償を受けられないか確認してみるのも方法です。
無保険者傷害保険などに加入していれば補償を受けられるかもしれません。

このようなことは弁護士に依頼しないとなかなか出来ません。
加害者が無保険だからといって諦めてしまわないで、弁護士と協力して
何とか損害賠償金を手に入れる術を検討することが大切です。

ページのトップへ戻る