おススメWEB

検索エンジンなら私はココ

会社設立専門・あおいろ行政書士事務所 会社設立・法人設立 岐阜 会社設立・法人設立をサポートします。

賠償責任保険(ばいしょうせきにんほけん)とは、個人の日常生活、あるいは企業の業務遂行や被保険者が
所有・管理する施設が原因となる偶然な事故により、第三者(=Third Party;被保険者以外の者)に対する
ヘルニア上の賠償責任を負担した場合[1]に、被保険者が被る損害(つまり賠償金の支払や負担する費用)を填補する保険のことです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%A0%E5%84%9F%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E4%BF%9D%E9%99%BAより

危険度が増す

交通事故に遭って怪我を負ってしまったときに、被害者になって過失割合が被害者側に全くない場合は
被害者が加入している自動車保険会社は給付金を出すわけではないので、損害賠償請求の示談の場で介入することができません。

かといって、示談交渉に被害者本人が対応するとなると、加害者が加入している自動車保険会社の専任スタッフと
交渉をすることになるので、交通事故の損害賠償についての知識に大幅な差が生じ、加害者にとって
有利な形で示談交渉が進められてしまいます。

そこで、弁護士の方の中には交通事故の示談交渉を専門にしている弁護士の方がいるので、
そのような弁護士の方に示談交渉の代理人になってもらい、下手に加害者側の自動車保険会社の
スタッフに関わらないようにするのが良い方法です。

横転しかける

加害者側の自動車保険会社のスタッフは、示談交渉を有利に進めるために、交通事故で負った
怪我の治療を早めに切り上げさせようとしてきたり、示談交渉の日取りを急かすようにしたりと
何かと被害者に介入してきます。

そのため、怪我を負ったら早めに弁護士に相談をして、加害者側の自動車保険会社のスタッフが
接触してこようとしたときには、弁護士をとおしてもらうようにすることによって
加害者側の自動車保険会社のスタッフとの接触を避けて、怪我の治療に専念することができるようになります。

交通事故の損害賠償請求は専門性が高いので、弁護士の方にお任せしてしまうのが良い方法です。

 

ページのトップへ戻る